TUMBLRを覗くときTUMBLRもまたこちらを覗いているのだ

雑記
スポンサーリンク

TUMBLRというサービスを使い始めて何年になるだろうか?

ウィキペディアを見ると、TUMBLRは「メディアミックスブログサービス」とある。

そう、ブログサービスなんですよねTUMBLR。

とはいえ多くのユーザーがそうであるようにブログ的な使い方はせず、

もっぱらリブログを回して楽しんでいる。

個人趣味のスクラップブックや、好きなものを集めたガラクタ箱に例えられているのを見て、

なるほど確かにと感心する。

たまに自分の投稿を見返すことがあるのだが、これがめちゃめちゃおもしろい。

自分が「これは」と思ったものだけリブログするから、おもしろくないわけがないのだが、

飽きず眺めていると、自分の脳みその中がTUMBLRの中に可視化されている感じがする。

自分を紹介するときに自分のTUMBLRを見せるのが早いような気がするんですよね。

誰かに見せて、「これが私です」と紹介したい気もするのだが、

逆に誰かのTUMBLRを自己紹介代わりに見せられたとして、

個人趣味に過ぎるそれを見続けるのは苦痛だろうなー。

友達の子の運動会動画を延々見せられるような。

だからやっぱり自分のTUMBLRは自分だけのTUMBLRなのですね。

自分だけの秘め事TUMBLR、まだまだ楽しみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました